2014年4月17日木曜日

Fuxx The Hype 144

Future sounds come to Japan!

どうも。今回は私事もかねておりまして非常に心苦しい点も少々ございますが、今月来日する海外アーティスト、Lee BannonとAkkordについて書きたいと思っております。実は縁あって、自分も非常に注目している上記の現在進行形で進化するDance musicの体現者と大阪で共演させていただくことになりまして。。。この二組はまだまだ世界を席巻するEDM勢に比べればアンダーグラウンドな存在ではありますが、耳の早いリスナーにはすでに要注目されているアーティストなので当ブログにはもってこいな存在だなと。Lee Bannonは今週末に大阪、東京で公演がありますし、Akkordは東京、名古屋、大阪と公演があります。というわけで是非この記事を読んで興味をもたれた方はお近くの会場に足を運んでみてくださいね!

Lee Bannon


まずはLee Bannonの紹介から。彼は本当に幅広いbeat makeをする才人といえるでしょう。というのも一部メディアではエイフェックス・ツイン、スクエアプッシャーなんかとも比較されたりしていますが、去年の”MCジョーイ・バッドアスの傑作ミックステープ『Summer Knights』にDJプレミア、MFドゥーム、ジ・アルケミストら錚々たる面子に並んで4曲をプロデュースし、瞬く間にその名が広まった。”という触れ込みがあるようにHip hop勢からもがっちりと支持されています。

ちなみに彼の近作で僕が一番好きなのはこれ。


ArtcoreなDrum'n bassでしびれますね。確かにエイフェックス・ツイン、スクエアプッシャーあたりのファンからは支持されるのも納得。さらに個人的にはd'brigeファンなんかにも好まれそうな感じだと思います。
また彼の面白いところは映画音楽、フィールドレコーディングの要素を彼の楽曲に取り入れるところだと思います。DTMといえ、フィジカルな要素も感じさせるところが素敵ですね。ちなみにNinja Tuneからリリースされた"Alternate/endings"にはほぼ全曲、マーズ・ヴォルタのホアン・アルデレッテのベース・プレイをフィーチャーしているとのこと。ロックファンにもアプローチしている意欲作といえるでしょう。

このFact magのFree DL可能なmixはドラムン、ジャングル、Hip hopまでをバランス良くmixしていて僕も予習の為によく聴いています。
特にこのmixで好きな所は18min〜くらいからのHip Hop partです。

Shadez Of Brooklyn - Change(1996)イーストコーストクラシックをぶちこんでくる辺りがビンビンにしびれますね!

あとは26min~くらいからのThe Terrorist - The chopper (Ray Keith dirty chopper mix)Amen系のbeatsが渋いです。
通して聴いてみるとジャングル、アーメン、ドラムンと近しいジャンルの横断をセンス良くまとめた良作だと思います。そして自分が海外のDJに感じる、ここぞというときにクラシックをブチ込んでくるセンスを彼もまた持ち合わせているので、クラブの現場で実際に彼のプレーを聴くのを楽しみにしています!

ちなみにLady CitizenがサポートDJする大阪公演は4/18です。
http://circus-osaka.com/events/lee-bannon-%E3%80%8Ealternateendings%E3%80%8Frelease-tour/
東京 @ Unitは4/19です。
http://www.unit-tokyo.com/schedule/2014/04/19/140419_dbs.php

Akkord
そしてAkkord。Synkro & IndigoによるUKはマンチェスターからの最先端Bass Musicを発信する2人組です。実は去る4/4にこのブログでもご紹介したロンドンの人気Beat系Party"Tempo Clash"でもゲストLIVEセットを披露したようです。
*以前のTempo Clashの記事はこちら。
http://fuxxthehype.blogspot.jp/2012/12/fuxx-hype-vol121.html
http://fuxxthehype.blogspot.jp/2012/06/fuxx-hype-vol96_26.html


ロンドンを持ち上げるわけではないですが、このメンツを従えてのゲストLIVEというのは耳の早い当ブログのリスナーさんには生唾ものだと思います。
そんな彼らの音源ですがまずはDJ set
AKKORD from URSSS on Vimeo.
彼らの音楽性については個人的にはUK発のシェフィールド系IDMとBass musicの要素が絶妙にブレンドされてマンチェスターに根付いたグルーブ感だと思います。なんというか僕にとっては好きな要素しかないです(笑)。またそれがロンドンではなく、マンチェスターというUKの地方都市から発信されるというところがやはり英国の音楽的な筋肉の強さといいましょうか、底力とでもいいましょうか。。。

その要素がパンパンに詰まった曲がこれ。

IDM×Bass musicそのものですね(笑)

さらにテクノ感がある曲はこれ。


あとこのArt coreな曲も好きです。


Lady Citizenは4/28の大阪公演 @ Circusに出演します。
http://circus-osaka.com/events/goodweather-35/

尚、今回のAkkord Japan tourのプロモーターはBass musicシーンではもはや説明不要のGood Weatherです。これまでも日本の現行シーンの3歩先をいくブッキングでシーンを賑わせて来ている気鋭プロモーターなので、間違いないかと思います。

また4/25は東京 @ Lounge Neo
4/26は名古屋 @ JB's

プロモーター曰くどの公演も力のあるベテランを集めたとのことです。先端を支えるベテラン勢のプレー楽しみですね!

というわけで手前味噌感が否めませんが、注目の来日アーティスト二組のご紹介でした!
関西の方は是非4/18, 4/28にお会いしましょう!

0 件のコメント:

コメントを投稿