2014年1月10日金曜日

Fuxx The Hype vol.133

noita interview

明けましておめでございます。皆様はどんな年末年始をお過ごしになられましたか?
私は久々の海外DJツアーで12/31〜1/5まで中国に滞在しておりました。そこでのDJ ツアーに関することはまた後日書かせて頂きます。

さて、2014年、一回目の投稿ですが、今回はMakoto Yamaguchi, ivy akaneによるユニットnoitaにインタビューしました。結成のきっかけなど聞いていますので、是非一読ください!

noita





1. 結成のきっかけとこのユニットのコンセプトを教えてください

noitaのコンセプトは「音楽による、魔法の”処方”」です。
わたくしivy akaneの本業は占い師です。西洋占星術(12星座占い)、宿曜占星術、タロットカードを主に専門としています。日々お客様の鑑定、webや雑誌へのコラム寄稿、占いアプリの監修をしています。
noitaではコンセプトプロデューサーを務めていますが…2013年の初めくらいからなんとなく、「四大元素(エレメント)をモチーフにした音楽欲しいなー」と思っていました。四大元素とは、古代ギリシアから始まった思想とされており、「火(fire)、地(earth)、風(air)、水(water)...この4つの要素から世界は構成されている」という思想です。(後にこれが noita 1st 『essential element enlightenment』になります。)占いやファンタジーの世界ではなじみ深い思想です。
そもそも…世の中のよくあるヒーリングミュージックは何故か”小川のせせらぎ”や”小鳥のさえずり”のようなものが多く、「もっと刺激的で、クラブでも流れているようなヒーリングミュージックはないのかなー」と思っていました。2013年5月頃に相方のマコトさんに初めて会い、この話をしてみたところ…なんと案外すんなり話を受け入れてくれたので、まずは「Makoto Yamaguchiとアイビー茜のコラボ」という形で楽曲制作をしてみよう、ということから始まりました。ちなみにマコトさんとは2010年辺りからtwitterやらFacebookやらでゆるっと繋がっていましたが、2013年5月に会うまでは面識は一切なし)
楽曲制作が進みにつれ、何となく二人の間で「プロジェクトに名前を付けた方が良いのでは?」という雰囲気になり、最終的にはnoitaというユニットになりました。めでたし!(ivy akane)

あまり他にはないような構造のユニットだと思います。アイビーさんから初めて話を聞いた時、やってみないと分からないなというのが率直な印象でした。いざ制作を始めてみて、意外にすんなりと形になったのでこれならやれそうだという実感が湧き、自然な流れでnoita結成に至りました。(Makoto Yamaguchi)

--

2. Makotoさんは、これまでMakoto Yamaguchi名義でいくつか作品をリリースされてこられましたが、今回このユニットでの作品を作るにあたり、これまでとは違った音楽制作のアプローチをされたのかなという印象を持っています。これまでの作品はMakoto節とでもいいましょうか。かなり硬質な機械的な音色が印象的でしたが、今回はどちらかというとその辺りが影を潜め、柔らかい音色になったと感じました。ご本人ではどうお考えでしょうか。

個人名義でのリリースに関しては、これまでテーマやコンセプトのようなものを敢えて立てたりということは殆どありませんでした。ただnoitaに関しては、それぞれ曲ごとに明確なテーマがあるため、ボクなりのイメージでそれを表現することに努めています。
例えば「Magic Water」(水の曲)に関してはウェット感や包容力のようなものを、「Windy Cord」(風の曲)に関しては無機質で斜めな感じを意識して作りました。それはキックの素材選びからウワモノやBPMに至るまで、その曲のあらゆる部分で意識しているので、それが結果的にこれまでの作風とは違った側面を引き出すことに繋がったのだと思います。
個人的には硬質なイメージの音が好きなことは確かですが、noitaに関しては今後も様々なタイプの曲を作ることになると思います。(Makoto Yamaguchi)

--

3. 製作の役割分担を教えてください

noitaの世界観構築はivy akaneが担当しています。サウンド面はマコトさんにすべて任せています。
具体的に言うと、各楽曲のストーリー性を考えてキーワードを出す、各テーマをイメージしたヴォイスサンプルや音素材の録音、アー写のアートディレクション、ロゴ制作、アートワーク制作などです。
noita自体が「占い/魔術」という軸で成り立っています。私はその軸がブレないようにする係です。(ivy akane)

サウンドに関しては全面的にボクが手掛けています。全ての楽曲の作曲・編曲を行っています。
noita及び楽曲のコンセプトやイメージプロデュースは、全面的にアイビーさんが担当しています。(Makoto Yamaguchi)

--

4. お二人の生涯の曲Top5を教えてください

甲乙付け難いので好きな曲を5曲
・hide and seek / Imogen heap
・REDLINE DAY / James shimoji
・Tiger Track / Kagami
・砂の果実 / 中谷美紀
・I Need Some Fine Wine And You, You Need To Be Nicer / The Cardigans
(ivy akane)

過去の記事をご覧下さい(Makoto Yamaguchi)

--

5. お二人の最近の好きな曲Top5を教えてください

1. ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C / ヒャダイン
2. loveless / LUNA SEA
3. CONNECT / MAKOTO YAMAGUCHI
4. irony / ClariS
5. ビードロ模様 / やなぎなぎ
(ivy akane)

1. Sweet Refrain / Perfume
2. たべちゃいたいの / TEMPURA KIDZ
3. MR. SAXOBEAT / Alexandra Stan
4. Lost At Sea (feat. Ryan Tedder) / Zedd
5. Smoke / Au5, Fractal
(Makoto Yamaguchi)

--

6. 最近、今後のリリース予定、ライブ、DJの予定など

現在、次回作を鋭意制作中です。
また、先日リリースされた1st配信アルバム『essential element enlightenment』のCD化を進めています。販売展開に関しては現在検討中ですが、某有名アパレルショップの一部店舗でも取扱予定です。
『essential element enlightenment』収録曲のミュージックビデオも制作中です。完成し次第YouTube他で公開予定です。

--

7. このblogの閲覧者に何か一言お願いします

最後までお読みいただきありがとうございます。
noitaは中の人たちが、オカルト、占い、星の話、その他しょうもない話をしながらかなり楽しんでやってます。
興味があったら是非noitaを聴いてみてね★(ivy akane)

このブログを読まれている方の多くは、ベースミュージックやダブテクノを中心としたクラブミュージックがお好みと思いますが、これをきっかけにnoitaに少しでも興味を持って頂けたら嬉しく思います。(Makoto Yamaguchi)


0 件のコメント:

コメントを投稿