2012年10月11日木曜日

Fuxx The Hype 117

Weekend Circuit presents A Stroboscopic Artefacts Showcase with Lucy & Xhin, Dystopia Podcast 002 - Dadub

どうも。今回は個人的に注目しているBerlinのRecord label, Stroboscopic Artefactsをご紹介したいと思います。ここから以前ご紹介したDadub, さらに日本人アーティストだとGo Hiyama氏、意外な所でAoki Takamasa氏もリリースしています。

もう一ヶ月くらい前になるのですが、East Londonの我が家の近く、Rhythm FactoryというClubでこのStroboscopic Artefacts Showcaseというものがありましたので行ってきました。出演はレーベルオーナーであるイタリア人のLucy, シンガポール人で現在はBerlin在住のXhinというアーティストです。Londonと言えば、なんとなく日本からの視点だとRinse FMとかboiler roomとかでBass musicの聖地みたいなイメージが強いかと思いますが、今、East LondonのUnder ground seenではこういったBerlinのUnder ground dance musicが耳の早い、通なクラバーの間ではcoolな感じなのです。






もちろん、内容がただコアなところだけに比重を置いている作品ばかりというだけでなく、ちゃんとDance musicとして機能するものをリリースしています。Dub Techno, Hard Techno系の音源が多いのが特徴で、私個人のオススメArtistはLucy, DadubのDub系です。

ただここのリリースで一番ヤバいリリースはXhin/Heptaという曲。

Dub TechnoとHard Technoの融合。みたいな曲で最高にDopeです。

その日は、Hyper dub nightでプレーするScratch DVAにFabricに招待してもらっていたので、Xhinは見れなかったのですが、彼のSoundcloudでその日のLive recordingを発見いたしました。


Play listを見ているとDave Clarke, Mr.GなんかのTechno系から、Blawan, Paul WoolfordのHotflushからのリリース,  Stolen (Dub Mix 2) なんかが上がっているので、以前から私がこのブログでいっているヨーロッパのクラブトレンド、”UK Bassの次”の一つの流れが確実にこの路線だということを証明しているかと思います。少なくともLondon, Berlinのシーンでは間違いないと思います。
(Dub technoとBass musicの融合という流れ、発想は今の日本のシーンではちょっと奇想天外過ぎるかと思いますが。でもこういうのが出てくるからヨーロッパのダンスシーンはやはり注目にするに値すると思います。)

そして、今、East LondonでこのStroboscopic Artefacts関連のアーティストを積極的にBookingしているのが、DystopiaというPartyです。
10/13にはSurgeon, PercをGuestに迎えてPartyが行われます。ちなみにPercはStroboscopic Artefactsからもリリースしています。

そのDystopiaのpodcastにて現在Dadubのlive setが公開されていますのそれをご紹介。

DadubはSound engineerとしても業界内では有名でそのMastering skillは魔術と形容されているそうです。

Dub Technoの最左翼です。Stroboscopic ArtefactsはOstgut tonがもはやコマーシャルに思えるくらいの私のような音楽的にある意味で病気、よくいえば貪欲な方に是非お薦めしたいレーベルです。

今回のPostに関連して忘れてはいけない点がひとつ。この周辺とすでに日本の素晴らしい音楽家達が交流をもっているという点です。
前述の通り、Go HiyamaAoki Takamasa両氏はそのレーベルからリリースしていますし、Dystopiaにゲスト出演するSurgeonは日本のKazuya Kawakami氏の曲をプレーサポートしています。さらにこのKazuya Kawakami氏の別名義asagaoaudioのEP/AN005 -

RING AND PORTRAIT REMIXESには

Go Hiyama氏がRemixで参加しています。(ちなみに大変恐縮なことに不肖Lady Citizen Remixも収録していただいています。)

そんなKazuya Kawakami氏は10/20 AN/AY Showcase 01 at Bulet's, Tokyoにも出演が決定していますので、このPostを読んで興味をもたれた方は是非現場で実際に聴いてみてはいかがでしょうか?
AN/AYも日本では珍しい、Dub Techno, Techno, Dub Electoronicaに特化したLabelです。

こんな風にしてヨーロッパの最先端と日本の音楽が繋がっているのは事実です。
しかしながらこれはまだ恐らくあまり知られていないので、もし、今回のPostを読んで面白いと思った方は是非、Twitter, facebook等でShareしていただければと思います。多くの方々に知っていただきたいのでご協力お願い致します。

この秋で当blogも三年目。今後も、独自の視点で面白い音楽を紹介していければと思っています。

余談ですがFTH Labelの3番のリリース日が近づいてきました。
FH03 - Voice from E1 5DSはこういうLondon, BerlinのリアルなUnder ground vibes踏まえて日本人独特の叙情性とともにmixした作品になっております。

Pre-release第一回目は10/13 Set Free at Hype lounge, Nagoyaで行いますので、名古屋近郊の方は奮って参加くださいませ。

*新規取扱店様募集中です。お問い合わせはladycitizen69@gmail.comまでお気軽にどうぞ。

0 件のコメント:

コメントを投稿