2012年9月11日火曜日

Fuxx The Hype vol. 111

The Lowbrows/5k mix, Soccerboy/Internet Dungeon EP

どうも。今回は今更、説明不要ですがシーンの重要人物2組の最新作をご紹介いたします。

1. The Lowbrows/5k mix
The LowbrowsのChaki氏が新作DJ mixを現在Free downloadで配信中です。
内容はBass musicを中心としたSetで、某大物wonkyアーティストの彼女さんでLondonでも人気のNightwaveのDJ setを彷彿とさせる脱臼Bassあり、BodyなElectronicな曲あり、さらに東京の若手プロデューサー、TAAR, Pipiの曲も織り交ぜたTokyoの次を予見させるかのような良質DJ mixです。


Tracklist:
01: 5k Battles - DJ CHAKI (Shouted by K.A.N.T.A)
02: Bash - XXXY
03: 5kinAndBone5 Pop PainKillaz TAAR Remix - 5kinAndBone5
04: Firing Line - Die/Mensah
05: Remember The Score - WHEEZ-IE
06: Baby Cham - MISTA MEN
07: Video Drone - L-VIS 1990
08: Calcium - Das Glow, Strip Steve
09: Let Me Leave - Pipi
10: Goooo - Tnght
11: Underground Anthem - Flosstradamus
12: Somebody That I Used To Know - Yellow Claw x Yung Felix
13: Bingo Players - Rattle (Luminox Remix) - Bingo Players
14: Trapped In Sydney - Craze & Codes
15: UFOs Theme - Camo UFOs
16: Buss Me Gunz - Drippin X Strictface
17: It's A Man's Man's Man's World (Regrooved by Parker) - James Brown
18: Rollup (Baauer Remix) - Flosstradamus
19: Higher Ground - Tnght
20: Dance - Leftside
21: Acid Man - TAAR
22: Two Different Ways - Factory Floor
23: Airstation CR - Seapoint

個人的なハイライトは40:00~くらいからのTwo different way/Factory floorです。(これの前の曲Acidman/TAARはおそらくですがかなりBass musicに傾倒して作られた曲っぽい感じで、去年の夏辺りからUK bassシーンでもそういう昔のElectro funkリヴァイバル的な曲がでてきています。私自身はTAAR氏とは面識はほとんどなく多分去年末のAli&(80kidz)氏のプライベートパーティーで一瞬お見受けした程度です。勝手な事言ってすいません。)
この曲は実はDFAからリリースされていて、Bass musicファンよりは、どちらかというとDisco Punk(古い言い方かな?)とかが好きな人の方に良く知られていると思います。
そこを絶妙なセンスでMIXしてくるところが素晴らしいですね。大変勉強させていただきました。

2. Soccerboy/Internet Dungeon EP
同じく、The lowbrows, 80kidzなどと所謂Tokyo Electro黎明期からシーンを支えてきたSoccer boy氏が新作EPをFree配信中です。リードトラックInternet Dungeonはメッセージ性の高い曲で、氏のtwitterでも色々解説されているようです



Soccerさんといえば、何年か前の最初のクラブに関する風営法問題の時、非常に興味深いことをブログに書かれていて、世間のみんなが「規制に関する反対のために署名活動」みたいな流れになっていたとき、おそらくその時点でただひとり冷静で、かつ自分の考えをちゃんと言葉にして示していて、そういう活動をするよりもまず「クラブミュージックを崇高な芸術の域まで高めることができればそんなもので規制されることはない」といったことを綴られていたような気がします。variumのKanomata氏をしてDJ業界一のインテリDJと称されてるのは伊達じゃないなと。

そんな氏だからこそのこのEP。
2曲目のS.L.I.Mも某芸人さんのネタをサンプリングしながらも社会問題を提起しているトラックになっていますので是非聴いてみてください。




0 件のコメント:

コメントを投稿