2011年8月30日火曜日

Fuxx The Hype vol.74

Floating Points DJ set

こんばんは。ひさしぶりの更新となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?こちら、ロンドンはもう朝晩はかなり肌寒くなってまいりました。

今回はロンドンパーティー便りです。
先日Urban Bass musicシーンで頭角を現しているFloating PointsがDJ setで出演するパーティーがありまして、ふらりといってまいりました。



以前彼のDJ MIXを聴いたのですが、Bass Musicシーンではかなり異端でした。当日もJazzでクラウドをスイングさせ、Rare groove、Disco, 隠し味程度に自身の曲、はてはDub Technoまでプレーしていて非常におもしろかったです。レコードもかなり持ち込んできてたみたいで後ろのラックに相当数あるのを目撃いたしました。

個人的におもしろかったのはJazzをかけてるときにミキサーのLoを相当あげてBass Music化させていた点です。本人も相当この感じが好きなのかブースでノリノリで踊りまくってました。それとMIX自体はJazzとか色々ジャンルを横断するのでカットイン的にMIXすることが多かった気がします。でも彼はまだ若いんだけど相当ディグってるみたいで、そんな感じの音楽的に懐が深い感じはみてとれました。

あと他の出演者が人種的に黒人系ばかりの中、白人は彼一人で、ブラックミュージックをかけまくって一緒にクラウドをロックするっていう人種の壁とか文化の違いとかそういうのって本当にそれが好きなら関係ないんだなっていう光景がそこにあったのが印象的でした。

ブラックミュージックを白人がかけて黒人に認められてるというのはやはり相当な知識とセンスと何よりそれが好きっていう気持ちがあるからこそなのかなと思いましたね。

さらにこのパーティーのおもしろかったのは他の黒人共演DJたちがBack to basic的に昔のデトロイトエレクトロファンク的なアプローチでDJしてた点です。

TR808、俗にいう八百屋のビートだけでライブしたり、さらに90s飛び越えて今にもアフリカバンバータかかりそうな勢いになるくらいの選曲したりとかでかなり興味深かったです。

特にTR808でのライブはBass Musicでも今だったらBodikaなんかがやってる感じをさらにグルーヴに重きを置いてミニマルにした感じで、なんというか昔の機材特有の制限されたシーケンス感だからこそだせる感じみたいなんがビンビンに伝わってきました。

この黒人DJたちもまだ若い感じで、今の若い世代がエレクトロファンクとかを現代の感性で、逆に新しいみたいな解釈してるのかなって勝手に思いました。

この感じはロンドンでもまだ間違いなくアンダーグラウンドだと思うんですが、何しろここはロンドンなんでもしかしたら近いうちにBass MusicシーンでもPost UKG, Future garage的な位置づけで一気に勃興するかもしれませんね。
余談ですが、以前私が聴いたFloating PointsのDJ setはこちらで聴けます。
その日のセットもこんな感じ+Rare groove funk, discoでやってました。
http://www.xlr8r.com/podcast/2010/03/floating-points-my-plastic-peopl

ちなみにプレーリストはこんな感じ。彼をUKG, Bass Musicシーンの人と解釈するならかなり個性的だと思います(笑)この日もBrian Auger & Oblivion Express "Whenever You're Ready"をプレーしていました。

01 Flora Purim "Encounters" (Milestone)
02 Deniece Williams "Slip Away" (Columbia)
03 Esther Philips "Home Is Where the Hatred Is" (KUDU)
04 Windy City "(So You Think) Somethin's Missin'" (Chi Sound)
05 James Brown "Mind Power" (Polydor)
06 Gil Scott-Heron "Lady Day and John Coltrane" (Flying Dutchman)
07 Brian Auger & Oblivion Express "Whenever You're Ready" (RCA)
08 Willie Bobo "Sixty-Two Fifty" (Columbia)
09 Chick Corea & Return to Forever "Captain Marvel" (Polydor)
10 Kuniyuki "Precious Hall (Dub)" (Natural Resource)
11 Larry Heard "Missing You" (Track Mode)
12 Herbert "Suddenly" (Studio !K7)
13 Darkstar "Aidy's Girl Is a Computer (Kyle Hall Oats B So Deep Remix)" (Hyperdub)
14 Floating Points "Shark Chase" (Eglo)
15 Pharoah Sanders "Greeting To Saud (Brother McCoy Tyner)" (Impulse)




0 件のコメント:

コメントを投稿