2011年7月13日水曜日

Fuxx The Hype vol.67

London Beats!!

どうも。皆様ご無沙汰しております。
先日ロンドンのオールドストリート駅という近くにあるXOYOというクラブでBecoming RealとNosaj ThingのLiveを見に行ってきましたのでそのレポートです。*写真はiPhoneでとったのでぶれたりしてますがそこはご容赦をw




Becoming Real。彼はみため、普通のスケーターの兄ちゃんみたいで、ステージに上がってきた時、最初乱入してきた人かと思いました。

個人的に彼の作品が好きで良く買ったり、自分のMIXでも使ったりしてます。

この曲プレーしてました。




LiveはPCとMIDIコントローラーでやるスタイル。
やはりライブなのか、通常彼がリリースしている作品より、ピッチもやや早めで、ビートも激しかったです。


Nosaj Thing。この日のメインアクト。当日はオーディオビジュアルライブだったらしく、自分で動画と音をコントロールしていたらしいです。

残念ながら、動画はスクリーンがしょぼかったので、個人的にはあまりピンとこなかったのですが、音は硬質かつDopeなビートの乱れうちって感じでかっこよかったです。

これは当日のものとは違いますが、近い雰囲気の動画を見つけたので参考までにどうぞ。
もうちょっと激しい曲もやってました。


この日来ていた現地の人と話してたんですが、ほとんどが彼目当てだったみたいです。

おもしろかったのが、箱自体がアーティストを支援するみたいな感じの箱みたいだったので、
来てるお客さんもアート系っぽい方がちらほら。

お客さんの反応もダンスミュージックと違ってガンガン踊るというよりは聞き込むって感じでした。

個人的にはBeats Musicをれっきとしたアートの一種として受け入れてる感じが、非常に興味深かったです。

そして本日はコラムというか個人的な雑感を少々。
7/13に新しいEPをデジタルでリリースさせていただくことになっているので、久しぶりに一時の気の迷いくらいの感じで、それのTeaserをMyspaceにアップしてみました。

音楽を作っている方のほとんどの人はもうすでにご存知かとは思いますが、最近のMyspaceは本当に使いにくい。初期の使い勝手の良さはどこへやら。そういう理由で現在ではPageは持っているけど更新していないというアーティストも多いかと思います。私も同様の理由でほとんど放置しております。

数年前はMyspaceバブルというかフィーバーというか、そこ経由で世界的にブレイクするアーティストも珍しくなかったと思います。日本のアーティストも例外ではなく、そこ経由で色々と広がっていったものでした。

私も現在交流があるほとんどのDJ、トラックメイカーとはそこで知り合いになりました。
あの当時は本当に音楽をする上でMyspaceは世界最強のプロモーションツールだったと思います。

アジアの果て、極東日本にいてもタイムラグなしに世界とつながる機会を与える革新的ツールであり、また日本から世界へつながる扉と言っても過言はなかったと思います。

ただ現時点ではその扉はほぼ閉ざされいて、エレクトロの世界的流行以降=Post myspace時代はまた新たな出口を探してアーティスト、レーベルが試行錯誤する受難の時代が訪れたと思います。

Facebook, Soundcloud, TwitterなどPost myspace時代のSNSは数あれど、かつてのMyspaceバブルみたいなものはまだ起こっていないのではないでしょうか。

そういう意味で音楽Blogを運営することは方法論的には少し退化というか、後退に近いのかもしれませんが、音楽を広めるため、音楽を好きな人々を繋ぎ合わせるための有効な手段のひとつではないかと考えています。

先週Lady CitizenのTwitterでつぶやかせていただいたのですが、前述の二人のアーティスト、ウォームアップDJが選曲した曲と比べても、もはや日本のアーティストが作る音楽のレベルは(インディーズレベルでも)海外のものとも遜色がほとんどないレベルにまで迫ってきております。


しかしながら、ロケーション的な面、情報発信の仕方など、そういう面で音楽を広めて、本当に支持してくれるリスナーに届けるインフラ整備がまだ日本では整いきっていないので、依然
所謂アンダーグラウンドな扱いのままということもあると思います。

もちろん、狙ってそのポジションにいるアーティストの方もいる反面、もっと自分の作品を多くの人々に届けたいと願う方もたくさん存在すると思います。

当Blogはそういう日本の埋もれるべきでない才能を一人でも多くのリスナーに届けることが出来たらと考え、運営をはじめたものです。

現実問題、実力はあがっても、世界への扉、国内全土への発信経路は数年前に比べて少し狭くなったかもしれません。

でもそれをただ悲観することなく、現実問題を見据えた上で「実際に次にどんなアクションをするか」ということを考えていけば、またなんらかの有効な手段の一つが見つかるかもしれません。

なので、このBlogを閲覧した上でがおもしろいと思った方は是非、口コミでもなんでもよいので、興味がありそうな友人、同じ趣味の仲間にお伝えしていただければ幸いだと思っています。

それが近いうちに実を結んで、Made in Japanの音楽がまた再び世界を0.00000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000001ミリでも動かすことにつながるかもしれませんので。

そして、この秋で当Blogも2周年。今期の締めで個人的に集中連載企画みたいなものを考えております。今の所考えているのは、Post myspace時代の音楽の発信方法、伝達手段をこのBlog縁のアーティスト、個人的に交流のある国内トラックメイカー、レーベルオーナーにインタビューを敢行するという企画です。(自分の知的好奇心を満たすというやや自己満足な企画ではありますが。。。)

まだどなた様にもアポをとっていないんでどうなるか全くわかりませんが。
もし、アーティスト、レーベルオーナー様で、協力しても良いという方奇特な方がおられましたら、ladyciytizen69@gmail.comか、twitterのhttp://twitter.com/#!/LadyCitizen69までコンタクトしていただければ幸いです。

不肖Lady Citizenはトラックメイカーであり、近年は人様の前でDJも幸運にもさせていただく機会を得ているのですが、こういった風にWebを媒介として、まだ世間に多く知られていないであろう音楽をディグりだしてきて、紹介するのもまた21世紀の大きな意味でのDJの活動の一つなのかもしれないと最近は感じています。

0 件のコメント:

コメントを投稿